住宅営業はホワイト?ブラックと言われる理由と仕事の魅力・見極め方

住宅営業はホワイト?ブラックと言われる理由と仕事の魅力・見極め方
本記事でわかること
  • 住宅業界はブラックなのか?
  • ホワイトな住宅企業を見極めるポイント
  • ホワイトな住宅企業で働くメリット

住宅営業への転職を検討している中で、転職先がホワイト企業なのか、そもそも住宅営業という職種はホワイトなのか気になる方も多いでしょう。

そこで本記事では、住宅営業でホワイト企業を見極める方法や離職率、ブラック企業が多いとされる理由、仕事の魅力を解説します。
この記事を読むことで、あなたに合った住宅営業としての転職先の見極め方が分かるため、参考にしてください。

住宅業界への転職に興味ありませんか?


住まキャリでは、住宅業界専門の転職エージェントとして、あなたにピッタリな求人を紹介させていただきます。

  • 住宅業界専門のアドバイザーとして内定までをサポート
  • 住宅業界における求人数2500件以上
  • 新規相談実績が年間3000件以上

「まずは求人を見てみたい」「住宅業界についてもっと知りたい」という方は、ぜひお待ちしております!

\ 自分にマッチした求人を紹介してもらう /

\ 住宅業界について聞きたい /

目次

住宅営業がホワイトかは企業によって変わる

住宅営業がホワイトかは企業によって変わる

どちらかと言えばブラックなイメージのある住宅営業ですが、実は企業によってホワイトで長く働きやすいケースも多いです。同じ「住宅営業」であっても離職率や働きやすさはそれぞれ異なるため、転職先の見極めは重要です。

一般的に住宅営業は「基本給+インセンティブ」という給与形態となりますが、企業によっては各手当やボーナスが支給されるところもあります。
また、社員の働きやすさや健康面を重視し、福利厚生が充実しているところもあるため、転職する前に会社の制度をチェックしておきましょう。

住宅営業で働きたい!ホワイト企業かどうか見極めるポイント

住宅営業で働きたい!ホワイト企業かどうか見極めるポイント

住宅営業の転職先がホワイト企業かどうか見極めるポイントは以下のとおりです。

ホワイト企業かどうか見極めるポイント
  • 福利厚生が整っているか
  • 年間休日はどれくらいあるか
  • 社員育成制度が充実しているか
  • 採用プロセスが適切か
  • 企業理念が自分に合うか
  • 求人情報に乖離がないか

近年では、ワークライフバランスを重視している企業が増えています。しかし、今でもブラック気質の会社があるため、転職先がホワイト企業かどうか転職活動を始める前にしっかりとリサーチしておくことが重要です。

ここでは、ホワイト企業を見極めるポイントを解説します。

福利厚生が整っているか

福利厚生がしっかり整っている企業は、社員を大切にしていると考えられます。そのため、福利厚生の制度の内容をチェックし、給与や残業時間の記載がなかったり、あいまいだったりする企業は避けるのがおすすめです。

また、年収が他と比べて高すぎるもしくは低すぎる場合には、業務内容の範囲や、ノルマの有無や内容を確認しましょう。また、昇級の記載がない場合には、昇給制度自体がないか、ほとんどない可能性があるため、長く働いても年収が上がらないかもしれません。

福利厚生は会社によって、以下のような制度があります。

よくある福利厚生
  • 社会保険、介護・産育休制度、確定拠出年金制度
  • 社宅・寮制度
  • 社用車貸与
  • 永年勤続(10年・20年)褒賞
  • スポーツクラブ会費補助、サークル活動支援費
  • 自宅建築社割制度
  • ジョブリターン制度
  • 資格祝金
  • 弔慰金、災害見舞金
  • 優秀社員表彰制度
  • 退職金制度、退職金上乗せ制度

また、企業によっては以下のような手当を別途設けているところもあります。

手当一覧
  • 結婚手当
  • 家族手当
  • 職級手当
  • 店長・リーダー手当

手当や福利厚生は会社によって充実度・内容がさまざまです。平均年収や福利厚生をしっかり確認し、社員を大切にしているホワイト企業かどうか見極めてください。

年間休日はどれくらいあるか

年間休日の日数をチェックして、しっかり休める体制が整っているかを確認しましょう。

たとえば、週休2日と祝祭日に加えて、長期休暇であるゴールデンウイーク・お盆・年末年始を合わせると120日程度となります。そのため年間休日がそれ以下の場合には、一般的な企業よりも休日が少ないかもしれません。

また、年間休日とあわせて残業時間も確認してください。残業時間が発生しにくいように、フレックス制を取り入れている会社もあります。一般的に住宅営業の休日は平日で、土日祝日は出勤することが多いため注意しましょう。

住宅企業は通常通りに休みにくいことから、企業によっては年間休日だけでなく、以下のような休暇制度があります。

休暇制度一覧
  • 特別休暇
  • アニバーサリー休暇
  • 産前産後休暇
  • 配偶者出産休暇
  • ボランティア休暇
  • 転勤休暇

年間休日とともに休暇制度もあわせて確認しておきましょう。

社員育成制度が充実しているか

ホワイト企業の社員育成制度

社員にスキルを磨いて長く働いて欲しいと考えている企業は、社員育成制度が充実しています。

住宅営業は、建築の基礎知識や専門用語・資金計画・エクステリア・接客方法・ビジネスマナーなど、幅広い知識やスキルが必要となります。

社員育成制度がある企業では、カリキュラムに沿って学べるため、未経験でも長く働きやすいでしょう。また、入社時だけではなく、年次・職種別で随時社員育成制度を設けている会社もあります。

ブラック企業といわれる会社では、社員育成制度が設けられていないかもしれません。また、試用期間が他の会社よりも極端に長すぎる、短すぎる場合にも注意が必要です。

働きながら必要なスキルを学べるため、社員育成制度が充実した会社がおすすめです。

採用プロセスが適切か

募集要項や採用プロセスを確認しましょう。こちらの問い合わせに対して、真摯に向き合う姿勢を感じられ、日数を空けずスムーズに返答を行う企業ならホワイト企業の可能性が高いです。

また、採用プロセスにおいて特に面接に比重を置く企業の場合、人間性を見て採用するかどうか判断する傾向にあります。そのため、転職者でも既存社員と人間関係を良好に築ける可能性が高くなります。

住宅営業は、お客様だけでなく、設計や施工・インテリアコーディネーター・メンテナンスなど、社内の多くの人と関わるため、人間環境によって働きやすさが変わります。

なお、一般的な採用プロセスは以下のとおりです。

一般的な採用プロセス
  1. エントリー
  2. 書類選考
  3. 一次面接・適性検査
  4. 二次面接(最終面接)
  5. 内定

採用プロセスが極端に短い場合には、人材不足で採用を急いでいるかもしれません。

企業理念が自分に合うか

企業理念や代表メッセージなどを、公式ホームページやSNSでチェックしておきましょう。企業理念は会社の方針や意思決定のベースとなります。企業理念があなたの考えと合う場合は働きやすく、合わない場合には働きにくいかもしれません。

加えて、可能であれば周囲の意見や口コミを参考にして、お客様を大切にしている企業かどうかも見ておきましょう。良い評判の割合が多い企業であれば、社員も大切に扱っていることを想定できます。ただし、あくまで口コミは一つの意見として留めておくのがおすすめです。

求人情報に乖離がないか

公式ホームページの採用情報や求人情報サイトの内容にしっかり目を通しましょう。
メッセージに「社員を大切にしています」と書いてあるのにもかかわらず、給料が競合他社より低い、年間休日数が極端に少ないなど、待遇のバランスが悪い企業は注意が必要かもしれません。他にも、具体的な業務内容を明記しているかを確認してください。

また、年中大量募集している会社は、人が定着していない可能性が高いため、あわせて求人の頻度もチェックしておきましょう。

ブラック企業については以下の記事でもまとめています。

株式会社ユナイテッドマインドジャ...
ブラックかホワイトか?きつい住宅営業の実態に迫る!働きやすい会社はあるの? | 株式会社ユナイテッドマ... ブラックかホワイトか?住宅営業の実態に迫る!働きやすい会社はある?

住まキャリでは、住宅業界専門の転職エージェントとして、あなたにピッタリな求人を紹介させていただきます。

  • 住宅業界専門のアドバイザーとして内定までをサポート
  • 住宅業界における求人数2500件以上
  • 新規相談実績が年間3000件以上

「まずは求人を見てみたい」「住宅業界についてもっと知りたい」という方は、ぜひお待ちしております!

\ 自分にマッチした求人を紹介してもらう /

\ 住宅業界について聞きたい /

ホワイト企業で住宅営業として働く魅力は?

ホワイト企業の住宅営業の魅力は?

では、ホワイト企業で住宅営業として働く場合、どのような魅力があるのでしょうか?

ホワイト企業で住宅営業として働く魅力
  • 営業成績が高いと収入が上がる
  • 業務量を調節できる
  • お客様と長く深く関われる

それぞれ解説します。

営業成績が高いと収入が上がる

住宅営業は営業成績に収入が左右されるため、成績が高いと収入も上がります。また、学歴が必要なく、年齢・社歴・性別は関係ありません。高い成果を収めれば、未経験であっても高収入が期待できます。

特に制度が整っているホワイト企業であれば、営業成果がしっかりと評価され、1,000万円を超える年収も実現できるため、高収入を目指したい方におすすめです。

業務量を調節できる

住宅営業は、自分自身で業務量を調節できる魅力もあります。
一部のハウスメーカーでは、目標を達成した後は勉強やスキルアップなど、自由に時間を使うことが可能です。また、フレックス制を取り入れ、より自分で業務量をコントロールしながら働ける環境が用意されている企業もあります。

子どもの運動会や参観日などのイベントにも、業務量を調節することで参加可能です。また、会社によってはアニバーサリー休暇や産前産後休暇など、あらゆる休暇制度を設けているところもあります。

労働時間と営業成績は比例せず、目標達成のやり方も人それぞれです。効率を上げることで業務量を調整できるため、ホワイト企業に転職であれば住宅営業は働きやすい仕事といえるでしょう。

お客様と長く深く関われる

住宅を引き渡した後も、企業によってはアフターメンテナンスやリフォームなどでお客様と長く深く関わり続けられます。

ほとんどのお客様にとって、住宅の購入は一生に一度のイベントであり、住宅営業は人生の節目に立ち会える機会のある貴重な仕事です。そして、お客様とは家の引き渡し後からがお付き合いの始まりとなります。

企業によって頻度や期間・条件などはさまざまですが、定期訪問によりお客様と長期間関わり続けられるのが魅力です。安定的に長く働きやすいホワイト企業へ転職できれば、数十年後にリフォームで再度お客様と関わることもあるかもしれません。

住宅営業は、お客様の人生に長く深く関われるやりがいのある仕事といえるでしょう。

住宅営業は実はホワイト?離職率から見えてくる真実

住宅営業は実はホワイト?離職率から見えてくる真実

次に住宅業界全体の動向を知っておきましょう。

住宅営業が属する不動産業・物品賃貸業の離職率は、厚生労働省の『令和4年雇用動向調査結果の概要』産業別の入職と離職のデータで13.8%と、他業種と比べてもおおよそ中間値といえます。
この数値は不動産業・物品賃貸業全体の離職率のため、職種によって現実の数値は変わりますが、不動産業界の離職率が特別高いとは言えません。

そのため、「離職率が高い」というイメージで、住宅営業への転職を避ける必要はないでしょう。また、今後も働き方が企業ごとに見直されていけば、将来的に住宅営業の離職率はより下がることが考えられ、安定的に働けるホワイト企業の比率も高まる見込みです。

出典:厚生労働省『令和4年雇用動向調査結果の概要

住宅営業にホワイト企業が少ないと言われる理由

住宅営業にホワイト企業が少ないと言われる理由

離職率もデータ上は高いわけでもなく、近年では働き方が見直されているのにもかかわらず、住宅営業にホワイト企業が少ないと言われる理由はなぜでしょうか?

考えられる理由は以下の通りです。

住宅営業にホワイト企業が少ないと言われる理由
  • ノルマを設定している企業もある
  • 労働時間が長い
  • 営業成績に収入が左右される

それぞれの理由を解説します。

ノルマを設定している企業もある

営業の売上は業績にも関わるため、ノルマを設定している企業もあります。営業ノルマは1か月に○棟などの棟数や、年間の契約金額など、設定方法は会社によって異なります。

住宅は高額な買い物のため、お客様は購入に慎重です。厳しいノルマを達成し続けるためには、不動産や金融に関する幅広い知識、自社商品の特徴・仕組みなどをよく理解しなければなりません。お客様の家に関する悩みや理想を丁寧にヒアリングし、自社商品の魅力を伝え、購入したいと思ってもらえるような営業スキルを身につけることが重要です。

一方でノルマを達成すると、若くても昇進のチャンスがあったり、比較的自由に行動できる魅力もあります。安定して目標達成できる方には働きやすい仕事といえるでしょう。

また、企業によっては固定給の割合が高いケースや、インセンティブを設けているケースもあります。数字に追われることに抵抗がある場合には、固定給の比率が高い会社への転職を検討するのもおすすめです。

労働時間が長い

住宅営業は、お客様のスケジュールに合わせて商談の時間を設定するため、平日の夜にも勤務することがあり、労働時間が長い傾向です。また、土日や祝日は多くのお客様が休日にあたるため休むのが比較的難しくなります。

長い時間がかかる商談に加えて、日々の業務をこなす必要があるため、住宅営業は拘束時間が長くなりがちです。

しかし、最近では社会全体で働き方改革が進み、住宅・不動産業界もそれに追随しています。そのため、労働時間に配慮したホワイト要素の強い企業も以前より増えています。
転職先によって働き方や労働時間が異なる可能性があるため、プロに相談しながら転職先を見極めるとよいでしょう。

営業成績に収入が左右される

住宅営業は「基本給+インセンティブ」という給与形態が一般的です。
営業成績によってインセンティブ部分が変動されるため、月々の収入は一律ではありません。営業成績を残せなければ、成果報酬が増えず収入が上がりにくいとも言えます。

一方で、営業成績を残すことでインセンティブが積み重なり、入社当初の想定を超えた年収になるケースも珍しくありません。日々、不動産や金融の知識を高め、営業スキルを身につける努力をすることで、多くの収入が期待できるでしょう。

ホワイト企業で住宅営業として働きたくなったら

ホワイト企業で住宅営業として働きたくなったら

この記事では、住宅営業がホワイトかどうかについて解説しました。

企業によって給料や福利厚生・年間休日・社員育成制度が異なります。同じ住宅営業でも、転職先によってホワイト企業かブラック企業か大きく分かれるのは事実です。そのため、転職する前にホワイト企業かどうかはしっかり見極めてください。

ですが、自分でホワイト企業かどうか見極めるのは難しいという人もいるでしょう。スムーズに転職を成功させたいなら、住宅業界に特化したキャリアアドバイザーに相談し、最適な転職先を提案してもらいましょう。

住宅業界への転職はスマキャリ!

住まキャリでは、住宅業界専門の転職エージェントとして、あなたにピッタリな求人を紹介させていただきます。

  • 住宅業界専門のアドバイザーとして内定までをサポート
  • 住宅業界における求人数2500件以上
  • 新規相談実績が年間3000件以上

「まずは求人を見てみたい」「住宅業界についてもっと知りたい」という方は、ぜひお待ちしております!

\ 自分にマッチした求人を紹介してもらう /

\ 住宅業界について聞きたい /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

住宅業界専門の転職エージェントを運営している住まキャリです。専門的な業界の知識を活かして住宅業界に関するお役立ち情報をご提供させていただきます。

目次