転職者向け|住宅営業の志望動機の書き方ガイド【例文あり】

本記事でわかること
  • 志望動機の重要性
  • 志望動機を作成する際のポイント
  • 志望動機の例文

転職の成功は「志望動機」にあり、と言っても過言ではありません。
ライバルに一歩差をつけるためには、あなたの想いを心に響く言葉で表現することが大切です。

この記事では、住宅営業に転職を考えている方や、住宅営業に興味がある方に向けて、人材紹介エージェントの視点から、心を動かす志望動機の書き方を例文と一緒にご紹介します。

家野すみ子

UMJキャリアドバイザーの家野すみ子です。住宅営業の志望動機の準備で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

住宅業界への転職に興味ありませんか?


住まキャリでは、住宅業界専門の転職エージェントとして、あなたにピッタリな求人を紹介させていただきます。

  • 住宅業界専門のアドバイザーとして内定までをサポート
  • 住宅業界における求人数2500件以上
  • 新規相談実績が年間3000件以上

「まずは求人を見てみたい」「住宅業界についてもっと知りたい」という方は、ぜひお待ちしております!

\ 自分にマッチした求人を紹介してもらう /

\ 住宅業界について聞きたい /

目次

あなたの転職を成功に導くー 住宅営業での志望動機の重要性

あなたの転職を成功に導くー 住宅営業での志望動機の重要性

志望動機は「あなたが応募した企業で働きたいと思った理由」で、内定獲得への鍵になります。
採用担当者は、志望動機の背後にある応募者の真の意図と能力を見極めたいと考えています。

  • 住宅営業の志望度はどれくらいか
  • 自社にマッチしているか
  • なぜ他ではなく自社を選んだのか

このようなポイントでチェックしています。

これらを理解しあなたの真意を見せることが、転職活動を一歩前へ進めることにつながります。

家野すみ子

そのため志望動機の準備不足は、採用担当者から「ここでなくても良いのでは?」と思われてしまう一因に・・・

ユナイテッドマインドジャパンでは、住宅・不動産業界にくわしい専門アドバイザーによる志望動機の無料添削・転職相談を実施中!

以下のボタンからお気軽にご利用ください。

住まキャリでは、住宅業界専門の転職エージェントとして、あなたにピッタリな求人を紹介させていただきます。

  • 住宅業界専門のアドバイザーとして内定までをサポート
  • 住宅業界における求人数2500件以上
  • 新規相談実績が年間3000件以上

「まずは求人を見てみたい」「住宅業界についてもっと知りたい」という方は、ぜひお待ちしております!

\ 自分にマッチした求人を紹介してもらう /

\ 住宅業界について聞きたい /

 

【住宅営業の志望動機】書く上でのポイント3つ

【住宅営業の志望動機】書く上でのポイント3つ

志望する企業を選んだ「本当の理由」を書く

志望動機では「なぜこの企業を選んだのか」というのは特に重要なポイントです。
多くの求職者さんは、企業の事業内容や商品、風土、働きやすさに注目しますが、それだけでは不十分。

あなた自身がその企業を選んだ「個人的な理由」が必要です。特に心を惹かれた要素をピックアップしてみましょう。

同時に事前に住宅業界やトレンドを研究することも大切です。ハウスメーカーや工務店ごとに異なる強みを知り、それをあなたの志望動機に反映させることで、他の応募者と差をつけることができます。

家野すみ子

業界の動向を十分に把握することで、あなたの志望動機に深みが生まれます!

経験をベースに具体的に記入する

志望動機を考える際は、そもそもなぜ転職しようと思ったのか、それは応募先で叶えられるのかを考えてみてください。
これらはあなたの「転職理由」を形成する重要な要素です。
オリジナルかつ具体的な背景を伝えることで、採用担当者に思いを伝えることができます。

例えば「現職では裁量が限られており、もっと自由度の高い職場で働きたい」と思っている場合、それがあなたの転職理由となります。

それを裏付けるには「求人情報で若手でも裁量を持って働けると知った」「ウェブサイトの社員インタビューを読んだ」などの根拠を盛り込み、あなたならではの理由を採用担当者に伝えましょう。

「入社後に実現したいこと」は自分の能力と合わせる

転職を考えるとき、「入社後に実現したいこと」を明確にし、それを自分の強みや経験と結び付けることが重要です。

例えば下記のようなものがあげられます。

「私は目標達成に向けて全力を尽くすタイプです。前職では、目標を達成するために○○をしてきました。貴社のように、より大きな裁量と責任を持てる環境では、さらに強みを活かし住宅販売の業績に貢献できる感じています」

家野すみ子

自分の強みや経験を活かせることを、志望動機になぞらえてアピールしましょう!

【住宅営業の志望動機】例文3選

【住宅営業の志望動機】例文3選

ここからは、住宅営業の転職を考えている方々に向けて、実際の志望動機の例文を紹介します。

家野すみ子

例文はあなたのキャリアに合わせてカスタマイズできますよ。ぜひ参考にして、あなたの志望動機作成に役立ててください!

例文①

私のこれまでの5年間は、消費財の営業販売を中心に展開してきました。顧客との信頼関係を築くことに重点を置き、それが私の営業スタイルの基盤となりました。
この経験を活かし、より大きな責任とやりがいを感じられる住宅営業の分野で新たな挑戦をしたいと考えています。

貴社の主力商品である○住宅販売は、私がこれまでに学んできた知識とスキルをさらに伸ばすチャンスと考えています。
将来的にはプレイヤーのみならずマネジメントのキャリアを目指し、貴社に対し長期的に貢献できると信じています。

例文② 

私はこれまで不動産賃貸営業を経験し、課長としてチームを率いる傍ら、○地域トップセールスの実績も達成してきました。
繁忙期には月間平均○件の案件を管理し、顧客ニーズに応え売上と満足度を高めることに貢献しました。
この経験から、新たなフィールドであるハウスメーカーの住宅営業に挑戦したいと考えています。

私は、お客様の「住まいへの夢」を実現させることに大きなやりがいを感じており、貴社での住宅営業職はその想いをさらに深め、実現できると思っています。
チームリーダーとしての経験も活かし、営業チームの一員として貢献したいと思っています。

例文③ 

前職ではリフォーム営業に従事し、特に新規顧客獲得に力を入れ、半年で○%増加させる成果を上げました。
同時に、さまざまな住宅の特性や建築材料、構造などに触れる中で、サステナブル建築や住宅への興味が深まりました。

貴社の住宅事業では、環境に優しい建材の採用や環境負荷の削減に力を入れており、これはお客様にとっても非常に価値の高い取り組みです。
前職のキャリアを活かし、このような貴社の姿勢に共鳴し、多くのお客様に住宅の魅力を伝えたいと考えています。

住宅営業への転職相談はユナイテッドマインドジャパンへ

住宅営業への転職相談はユナイテッドマインドジャパンへ

ここまで、住宅営業の志望動機についてお伝えしてきました。
志望動機は選考過程で特に重要なポイントです。面接や書類提出の前には、自分の志望動機をじっくりと練り上げておきましょう。

ですが、

「やっぱり不安や悩みがぬぐえない」
「何を書けばいいか思いつかない」
「書ける実績やキャリアがない」

という方もいるでしょう。

限られた時間を無駄にしないためには、成功する志望動機の書き方を知りたくないですか?

ユナイテッドマインドジャパンは住宅・不動産業界に特化した人材紹介エージェントです。
当社に所属するキャリアアドバイザーは業界に精通していて経験も豊富。
あなた専属のキャリアアドバイザーが、企業にアピールできる志望動機を一緒に考えます!

住宅業界への転職はスマキャリ!

住まキャリでは、住宅業界専門の転職エージェントとして、あなたにピッタリな求人を紹介させていただきます。

  • 住宅業界専門のアドバイザーとして内定までをサポート
  • 住宅業界における求人数2500件以上
  • 新規相談実績が年間3000件以上

「まずは求人を見てみたい」「住宅業界についてもっと知りたい」という方は、ぜひお待ちしております!

\ 自分にマッチした求人を紹介してもらう /

\ 住宅業界について聞きたい /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

住宅業界専門の転職エージェントを運営している住まキャリです。専門的な業界の知識を活かして住宅業界に関するお役立ち情報をご提供させていただきます。

目次